ポテナゲ大&特大が買える時間 値段・カロリー・糖質もチェック!

スポンサーリンク

フライドポテト
夜マックのレギュラーメニューとなったポテナゲ、いつまで続くのかという心配の必要はありません(多分)。よっぽど人気がないということでなければ、メニューとして続いていくでしょう。

そのポテナゲ大と特大が購入できる時間、価格とお得度をまとめてみました。

また、「ポテナゲは太るのか?!」気になるカロリー、糖質についてもご紹介します。

スポンサーリンク

ポテナゲが買える夜マックは何時から何時まで?

ポテナゲは夜マックのみのメニューなので、購入できるのは夕方5時以降閉店までの間です。

24時間営業の店舗の場合は、翌朝の4時59分までとなります。

平日、週末といった曜日で変わることはないので、お昼はダメだけど毎日17時以降であれば大丈夫と覚えておけばOKです。

夜マック限定のレギュラーメニューのポテナゲは2種類

ポテナゲは現在、ポテナゲ大と特大の2種類があります。

31%OFF!ポテナゲ大のセット内容と価格

  • マックフライポテトLサイズ 1個
  • チキンマックナゲット 10ピース

がセットになって500円なのが、ポテナゲ大です。

セットではなく単品で購入した場合

ポテトL⇒330円
ナゲット5ピース×2⇒400円

合計730円が500円なので、31%オフということになります。

36%OFF!ポテナゲ特大のセット内容と価格

ポテナゲ特大は

  • マックフライポテトLサイズ 2個
  • チキンマックナゲット 15ピース

がセットで800円。

こちらも単品で購入すると

ポテトL 330円×2個⇒660円
チキンマックナゲット 15ピース⇒590円

合計1250円が800円なので、36%オフとなります。

スポンサーリンク

ポテナゲ大と特大の比較

ポテナゲ大にマックフライポテトLサイズ1個とチキンマックナゲット5ピースが追加されたものがポテナゲ特大になります。

ポテナゲ大500円に

ポテトL⇒330円
ナゲット5ピース⇒200円

合計550円分が+300円でポテナゲ特大になっている計算になります。

以前はマクドナルドの公式アプリのクーポンでよくマックフライポテトLサイズ190円が配信されていましたが、それを使ったとしてもポテナゲ大、特大ともに同量を購入するのならポテナゲの方がお得になりますね。

コロナ禍のポテト不足からか最近ポテトのクーポンは見かけませんが…。

ポテナゲ大&特大のソースはいくつ?

チキンナゲットとソース
モバイルオーダーで選べるソースの数は、

  • ポテナゲ大 : 2個
  • ポテナゲ特大 : 3個

となっています。追加は出来ない仕様になっています。

マクドナルドの公式サイトの「よくあるご質問」ページ内でナゲットのソースについて

チキンマックナゲットをご購入いただいている場合は2つまで無料、3つ目以降は1つ30円でご購入いただけます。

出典 : マクドナルド「よくあるご質問」チキンマックナゲットについて

となっています。特に夜マックのポテナゲについての記載はないのですがチキンマックナゲットなので、上記の回答が当てはまるのではないかと思います。

【追記】2022.5.4
2020年の9月の時点では上記の質問が「よくあるご質問」内にあったのですが、2022年5月4日現在、上記の質問は表示されていません。なので、ナゲットの追加ソースについては店頭でご確認下さい。

ポテナゲ大&特大のカロリーと糖質をチェック

「ポテナゲは太るのか?」気になるポテナゲ大と特大の標準重量・価格・カロリー・糖質をまとめて表にしてみました。

標準重量 価格 カロリー 糖質
ポテナゲ大 370g 500円 1057kcal 82.7g
ポテナゲ特大 640g 800円 1844kcal 153.1g

どちらも1000kcalオーバー、糖質も高いですね…。ひとりで食べると大変なことになりそうです。

さいごに

ポテナゲ大だけならひとりでも十分食べられると思いますが、夜マックは倍バーガーもあるのでバーガーもと思うと食べ過ぎには気を付けたいものです。

タイトルとURLをコピーしました