ローソンのフライドポテトパンを食べてみた感想

ローソンのまず一度は食べて欲しい!フライドポテトパン

世の中にフライドポテトパンなるものがあることを知り、フライドポテト好きとしては見過ごすことは出来ないので、早速買って食べてみました。

  • そのまま
  • トースターで温めて
  • 電子レンジで温めて

の3パターンで比べてみました。

以下、完全な個人の感想です。

スポンサーリンク

ローソンのフライドポテトパン

商品名が「まず一度は食べて欲しい!フライドポテトパン」。

ローソンのフライドポテトパン

139円(税込み150円)でした。

全体の写真がこちら。

ローソンのフライドポテトパン

ちょうどお昼の12時ちょっと前くらいにローソンに行きましたが、最後の1個でした。

パン売り場で最初に見た時の感想は「意外と小さい」。

この日はこのパン目当てでローソンに来たので迷わず手にとって購入しました。

最初は半分そのまま食べて、残りの半分をトースターで温めて食べようかなと思って帰宅。

袋を見たら「電子レンジで温める場合は、袋の口を少し開けて温めてください」とあったので、

フライドポテトパンの表示
三等分にして

  • そのまま
  • トースターで温め
  • 電子レンジで温め

の3パターンで食べてみました。

袋から出して1本そのままで写真を撮るのを忘れたので既に3つにカットしてあります。

3つにカットしたフライドポテトパン

そのまま食べる

まずはそのまま食べました。

パンとポテトを一緒に口に入れて食べている感じ。2020年の秋に食べたバーガーキングのフェイクバーガーを思い出しました。

バーガーキングのフェイクバーガーはまずい?食べてみた
バーガーキングのフェイクバーガーを食べてみました。おいしいのか、まずいのか、バンズにはさまれたフレンチフライは一体どんな味なのか、フライドポテト好きとしては試さない訳にはいきません。ついでにカロリー情報もまとめています。
スポンサーリンク

電子レンジで温めて食べる

続いて電子レンジで温めてみました。時間については書いていなかったですし、1/3個なのでとりあえず500Wで30秒ほど温めてみました。

電子レンジの扉を開けるとポテトにまぶしたカレー粉のいい香り。

香りは電子レンジでの温めが一番良かったです。

ポテトの部分は温かいし、そのまま食べるよりも香りもあって美味しい。ですが、電子レンジで温めるとパン部分はかなり残念な感じになってしまいました。

ちょっと温めの時間が長すぎたような気もします。

3等分したフライドポテトパン

一番上が電子レンジで温めた後、真ん中がそのまま、一番下がトースターで温めた後のフライドポテトパン。見た目では違いは分かりませんが。

トースターで温めて食べる

最後はトースターで温めたパターン。

袋にはアルミホイルで包んで1分と書いてあったので、言われたとおりに温めました。

電子レンジの時のような強い香りはなかったのですが、ポテト部分はサクッとしていてパンの部分もトースターで温めるのが一番おいしかったです。

ただ、一口食べてから1分では温めがちょっと物足りなかったので、再加熱して残りを食べました。

3種類食べてみましたが、どれか1つだけ選ぶとしたらトースターでの温めがオススメです。

が、もう一度買って食べる?と聞かれたら、それはないです。

残念ながらパンはパン、フライドポテトはフライドポテトで別々に食べたいです。

最初は「意外と小さい」と思いましたが、パン自体は小ぶりですが食べ終わった後の満足感はありました。

スポンサーリンク

フライドポテトパンのカロリー

「まず一度は食べて欲しい!フライドポテトパン」のカロリーはローソンの公式サイトによると1個あたり210kcalとのこと。

マックフライポテトのSサイズのカロリーが225Kcalなので、ポテトSサイズよりもフライドポテトパンの方がカロリーは低いです。

参考 : マクドナルド公式サイト

さいごに

今回はローソンで2021年7月13日に発売された「まず一度は食べて欲しい!フライドポテトパン」を食べてみました。

個人的にはリピートはないかなという感じでしたが、気になる方は試してみてください。

パンとフライドポテトの組み合わせは、難しいですね。

タイトルとURLをコピーしました